2019年7月20日(土)

はやぶさ2に日の丸技術 自動運転や砂の採取

自動車・機械
2019/7/11 23:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星「りゅうぐう」の地中の砂の採取に成功したようだ。このことは日本の宇宙技術の高さを世界に示した。砂の採取や持ち帰りには、住友重機械工業やIHIをはじめ、多くのものづくりの技術が結集している。宇宙は人類の数少ないフロンティアといわれ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)を含む日本勢には大きな市場が広がっている。

はやぶさ2がりゅうぐうへと最終の降下を始めたのは、11日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。