/

印タタ系航空ビスタラ、8月から国際線就航

【ムンバイ=早川麗】インド最大財閥タタ・グループ系の航空会社ビスタラは11日、8月から国際線の運航を始めると発表した。まずシンガポールへ1日2便、直行便を毎日運航する。インドの国際線旅客数は過去10年で2倍以上に増えており、今後も市場拡大が見込める。ビスタラは就航都市を増やして需要を取り込む。

まずシンガポール行きを運航する=ロイター

8月6日にデリー発、同7日にムンバイ発のシンガポール便を就航する。料金はいずれもエコノミークラスで往復2万ルピー(約3万2千円)強。ビジネスクラスも用意する。

インドの国際線旅客数は2017年度で約6000万人と、10年前の2.2倍になった。旅客数を国別に見ると、シンガポールはアラブ首長国連邦(UAE)に次ぐ2位で、全体の7.5%を占める。

ビスタラはタタ・サンズとシンガポール航空の合弁会社で、15年に就航した新興航空だ。今は約30機の航空機を抱え、インド国内の25都市に就航している。日本航空や米ユナイテッド航空、英ブリティッシュ・エアウェイズなどと共同運航(コードシェア)で提携し、国際ネットワークを広げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン