/

この記事は会員限定です

米マリオットがはまった「データ管理」のワナ

個人情報保護のリスク、M&A前に精査を

[有料会員限定]

M&A(合併・買収)の際は「データ管理」の穴に注意せよ――。買収先企業のデューデリジェンス(資産査定)に個人データ保護のリスクを精査する必要性が高まってきた。英国のデータ保護当局は顧客情報を漏洩した米ホテル大手マリオット・インターナショナルに約135億円の制裁金の支払いを命じる見通しだ。買収先企業のIT(情報技術)セキュリティの弱さが、今回の制裁につながっており、当局は「買収時のデューデリジェンス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1640文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン