歴史建築 ホテルに変身 愛媛の城や京都の古民家

2019/7/12 6:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

歴史的建造物を活用したホテルを運営するバリューマネジメント(大阪市)は文化体験を盛り込んだホテルの新ブランドを立ち上げる。愛媛県大洲城の天守での宿泊を1泊100万円で提供したり、京都や福岡、広島などの古民家を改装したりする。地域の歴史や文化に根付いた体験型の宿泊サービスを提供し、インバウンド(訪日外国人)らを呼びこむ戦略だ。

「ストーリーを持つ歴史的建造物のポテンシャルを最大化する」。同社の他力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]