2019年7月17日(水)

伊方3号機のテロ対策工事、四国電が計画再提出

中国・四国
2019/7/11 18:50
保存
共有
印刷
その他

四国電力は11日、伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」の工事計画を原子力規制委員会に再提出したと発表した。従来の工事計画を、早期に認可が得られそうな項目と、審査に時間がかかりそうな項目に分けた。一部の工事を前倒しで始めるのが狙いだが、設置期限から1年ほど完成が遅れる可能性があるとの見通しは変えていない。

四国電力伊方原発の3号機(左)(愛媛県伊方町)

四国電は段階的に工事を進めるため工事計画を4分割して申請していた。このうち2018年8月に提出した4番目の工事計画をさらに分割して規制委に提出した。

伊方3号機のテロ対策施設については、最初に提出した工事計画のみ認可を得ている。四国電は該当する部分の工事を6月に開始した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。