/

この記事は会員限定です

家族の健康、子供が導く 東大が生活習慣病の出前授業

[有料会員限定]

家族の生活習慣病の予防を子供が主導する試みを東京大が進めている。小学校で生活習慣病に関する出前授業を実施して子供が予防策を計画して家庭に持ち帰ったところ、運動や食習慣の改善などの対策を行う家族の割合が上昇した。今後、同様の授業を広く展開できるように、マニュアルや教科書の整備を進めている。

実施しているのは、東大の未来ビジョン研究センター(東京・文京)の古井祐司特任教授ら。健康長寿を重要政策として掲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン