/

この記事は会員限定です

[社説]郵政は金融営業を総点検せよ

[有料会員限定]

日本郵政グループのかんぽ生命保険と日本郵便で発覚した不適切な保険販売は、過渡期にある郵政民営化の工程にも影響を及ぼしかねない。営業の最前線である郵便局における金融商品の販売体制を総点検し、顧客と投資家の信頼を回復することが急務だ。

今回の不正は、保険の乗り換え時に顧客が無保険となるなどの不利益を被った事例(約2万4千件)や、逆に顧客が保険料の二重払いを迫られていた例(約2万2千件)など広範に及ぶ。全容は調査中でなお不明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン