2019年7月20日(土)

米イラン武力衝突なら何が起きるか  編集委員 高坂哲郎

トランプ政権
ニュースこう読む
コラム(国際・アジア)
中東・アフリカ
2019/7/12 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ペルシャ湾で米国とイランの軍事的な緊張が高まっている。既に、日本企業の運航する船舶などが攻撃を受けたほか、英国のタンカーが武装勢力に拿捕(だほ)される寸前だったことも判明した。米軍のダンフォード統合参謀本部議長は、域内を航行する船舶の防護へ同盟国・友好国との有志連合の結成を検討していることを表明した。今後、緊張状態が激化した場合、何が起こりうるのか。イランや米国などが域内に展開する軍事力を踏まえ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。