/

この記事は会員限定です

CO2でポリウレタン樹脂 毒ガスなしで製造可能に

NextTech2030

[有料会員限定]

温暖化ガスの二酸化炭素(CO2)を利用し、さまざまな製品に使われているポリウレタンの原料を作る日本発の研究開発が進んでいる。現在は毒性の強い気体を使って作るのが主流だが、置き換わればCO2の有効利用とともに製造時の安全性が高まる。2030年までに産業技術総合研究所が東ソーなどと共同で大規模実証実験に取り組み、技術の確立を目指す。

ポリウレタンはウレタン樹脂とも呼ばれ、弾力性のあるゴムのような素材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1513文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません