2019年7月22日(月)

サカタのタネ、無花粉のトルコギキョウ新品種

サービス・食品
地域
2019/7/11 18:47
保存
共有
印刷
その他

サカタのタネは11日、長野県安曇野市内で開催したトルコギキョウ見学会で新品種を公開した。八重咲きの無花粉タイプで、花粉のあるタイプに比べて1週間程度花持ちが良い。花粉の飛散で汚れないため、生産者や流通業者のコスト減にもつながる。長野県はトルコギキョウの作付面積・出荷量が全国トップ。今回の新品種は生産業者から注目されそうだ。

八重咲きで花粉のないトルコギキョウ

公開した新品種は雄しべが不完全なタイプで、花は結婚式などの業務用や花束など様々な場面で使用できる八重咲きの白色。すでに国内外で特許を取得している。同社は今後生産者らの反応をみて、商品化を検討する。

同社はトルコギキョウのタネ供給で世界最大手。100種類以上の品種を開発しており、安曇野市にある三郷試験場で毎年見学会を開催し、生産者らにPRしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。