/

「相棒、安らかに」 警視庁が警察犬慰霊祭

事件捜査や行方不明者の捜索などで活躍した警視庁の警察犬の慰霊祭が11日、東京都板橋区のペット霊園「東京家畜博愛院」であった。警察犬とともに捜査に当たった鑑識課などの警察官25人が参列し、慰霊碑の前で冥福を祈った。

警察犬慰霊碑の前で敬礼する鑑識課員ら(11日、東京都板橋区)

慰霊碑は1968年に完成。昨年の慰霊祭があった18年3月以降に死んだ4頭が新たに供養され、合祀(ごうし)されているのは計257頭になった。18年12月に死んだラブラドールレトリバーの「ボイド号」は05年に車から覚醒剤を発見して容疑者の摘発に貢献したとして、警視総監賞を授与された。

鑑識課の井ノ口徹課長は「鑑識課員として本当によく頑張ってくれた。お疲れさまでした。どうか安らかに眠ってほしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン