浄水場談合で課徴金命令 公取委、都職員の漏洩認定

2019/7/11 17:18
保存
共有
印刷
その他

東京都水道局発注の浄水場の業務委託を巡り談合を繰り返したとして、公正取引委員会は11日、水処理事業を手掛ける月島テクノメンテサービス(東京・江東)と石垣メンテナンス(同・千代田)の独占禁止法違反(不当な取引制限)を認定し、計7418万円の課徴金納付を命じた。

公取委は、談合に複数の都職員が関わっていたと認定。都に官製談合防止法に基づく改善措置を求めた。都は「不正行為は決してあってはならないことだ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]