バナナから健康素材、鳥取でスタートアップ創業

2019/7/12 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鳥取県八頭町でバナナを原料にした健康素材レジスタントスターチ(RS)を手掛けるスタートアップ企業が創業する。消化されにくいデンプンのRSは青バナナに多くに含まれ、ダイエットを促す「腸活」素材として注目されている。規格外バナナを輸入し、当初は国内工場でRSを製造するが、将来は海外のバナナ産地でも工場を展開する。鳥取銀行など地元金融機関も資金調達を支援。同町に本社を置き、地域おこしを目指す。

スター…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]