広がる「離島通学」 生徒ら船で登校、地域の未来託す

ドキュメント日本
2019/7/14 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口県防府市の沖合15キロに浮かぶ離島に、全国でも珍しい「島出身者ゼロ」の小中学校がある。廃校寸前だった学校が島外の子供に転入学を呼びかけ、自然体験や少人数授業を提供している。子供の成長を見守りつつ、将来は島の担い手に育ってほしいというのが島民たちの願いだ。過疎化が進む離島のモデルケースとなるか。(佐藤淳一郎)

「おはよう!」。5月上旬、午前8時すぎの三田尻港フェリー乗り場。ランドセルを背負った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]