プレーバック

フォローする

高速タックル、女子初の3連覇 2012年ロンドン五輪

2019/7/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

ロンドン五輪のレスリング女子55キロ級で金メダルを決め、日の丸を持って喜ぶ吉田沙保里

ロンドン五輪のレスリング女子55キロ級で金メダルを決め、日の丸を持って喜ぶ吉田沙保里

大舞台で絶対女王の強さがよみがえった。2012年ロンドン五輪。3カ月前のワールドカップで4年ぶりの敗戦を喫し、不安をささやかれていたレスリング女子55キロ級の吉田沙保里は決勝に駒を進めた。長年しのぎを削ってきたカナダのバービークに代名詞の高速タックルを浴びせて2-0の完封劇。一瞬の隙を突いた円熟の攻めで同大会での伊調馨とともに日本女子初の五輪3連覇を果たし、セコンドに就いた父の故・栄勝さんを肩車で担ぎ上げた。

直後の世界選手権で10連覇し、男女通じて史上初の13大会連続世界一を達成。16年リオデジャネイロ五輪は決勝で敗れ4連覇はならなかったものの、よく笑い、よく泣く人情味あふれるキャラクターも愛された、競技の枠を超えたスターだった。今年1月に引退を表明。女子レスリングは一つの時代の区切りを迎えたが、大学の後輩に当たる同じ階級の向田真優らが東京五輪の優勝候補に挙がり、その強さは次代に脈々と引き継がれている。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
最後の五輪と心に決めてM・ジョンソン(右から2人目)はシドニー大会に臨んだ=ロイターロイター

 2000年シドニー五輪、開幕前に33歳の誕生日を迎えていた陸上界の「MJ」ことマイケル・ジョンソン(米国)。人類初の400メートル42秒台突入を期待されたレース本番の夜、南半球の春先にあたる9月はや …続き (10/17)

男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]