2019年8月22日(木)

その他スポーツ

大橋、栄冠へ泳ぐ覚悟 「2年前の自分超えたい」
水泳世界選手権、12日開幕

2019/7/11 15:25
保存
共有
印刷
その他

水泳の世界選手権が12日、韓国・光州で開幕する。金メダル獲得で東京五輪代表も決まる競泳(21~28日)で、その期待を背負うのが200メートル、400メートル個人メドレーに出場する大橋悠依(イトマン東進)だ。前回大会では初代表ながら200メートルで銀メダルに輝き、鮮烈な印象を残した。シンデレラガールは2年を経て新エースへと成長。過去の自分を超える泳ぎで再び世界を驚かせられるか。

世界選手権初出場だった2年前、いきなり女子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した。

世界選手権初出場だった2年前、いきなり女子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した。

あの夏の日の感覚は、今も昨日のことのように覚えている。2017年世界選手権、200メートル個人メドレー決勝。大橋は朝から興奮で体がうずいていた。「とにかく体の動きが良くてワクワク。あんなに楽しみしかないレースは初めてだった」

同年の日本選手権、400メートルで日本記録を塗り替え初優勝。一躍脚光を浴び、「泳ぐのが楽しくてノリノリ」の状態で臨んだ初舞台だった。下馬評はリオデジャネイロ五輪金メダルのカティンカ・ホッスー(ハンガリー)が圧倒的だったが、ラスト50メートルで前をいく女王を最後まで追いつめた。「レース勘が完璧で、思った通りのレースを実行できた」と振り返る。

立場が人を変えることがある。自分の予想を超えた結果は、大橋の大きな重荷となった。

昨年から日本代表の女子主将も任されているが、本来、人一倍繊細な性格だ。急に転がりこんだ肩書や周囲の期待に耐えられるほど心は頑丈ではなく、昨夏はアジア大会で敗北。今季は池江璃花子や萩野公介の戦線離脱で一段と膨らんだ重圧と戦う日々を送ってきた。

200メートルと400メートルで3連覇した4月の日本選手権では、自身の日本記録を更新できず「17年の自分を超えたかった」と涙をこぼした。実際は400メートルでは今季世界2位相当の好記録。高い理想を追い求めるがゆえ、自らを苦しめてしまう面があるのだろう。

レースでは「自分の良さを出して圧力をかけたい」と意気込む。

レースでは「自分の良さを出して圧力をかけたい」と意気込む。

ただ、もがき苦しむ姿は競技と向き合う真摯さの裏返しでもある。泳ぎの改造には人一倍注力してきた。「あの時と同じ興奮はもう得られない。それなら技術で勝るしかない」。バイクこぎで細かった脚を鍛え、苦手な平泳ぎの推進力は増した。ケガの影響で左右のバランスが崩れていたフォームも理学療法士のアドバイスを受けて修正。元来の水面を滑るようなゆったりとした泳ぎに力強さが加わってきた。

初めての頂点へ、今回も立ちはだかるのは女王ホッスーだ。「相手に合わせず、自分がレースをつくる。得意のバタフライで前に出るとか、隣のレーンで自分の良さを出して圧力をかけたい」。前半、バタフライと背泳ぎでできるだけ貯金をつくり、終盤の自由形は粘り抜く。地力では相手が勝る分、やるべきことはシンプルだ。迷いのない泳ぎが局面を打開するかもしれない。

2度目の世界選手権は「水泳が楽しかった気持ちを取り戻す」と初心に立ち返って臨む。

2度目の世界選手権は「水泳が楽しかった気持ちを取り戻す」と初心に立ち返って臨む。

6月のジャパン・オープンでは100メートルバタフライで1年ぶりに自己ベストを更新。自信が復活した。「17年までの水泳が楽しかった気持ちを取り戻す。チャレンジャーとして、シンプルに何も考えずにぶっ飛ばせたら」。初心に立ち返りつつ、進化した技術を融合させる。2つががっちりかみ合うとき、過去の自分を超えられるはずだ。(堀部遥)

 今回の世界選手権の競泳日本代表は個人・リレー合わせて25人。個人では19人が計26種目にエントリーし、金メダルを獲得すれば来夏の東京五輪の代表に内定する。
 大橋のほか、男子200メートルバタフライ、200メートル、400メートル個人メドレーに出場する瀬戸大也(ANA)、男子200メートル平泳ぎ世界記録保持者の渡辺一平(トヨタ自動車)にチャンスがありそうだ。リオ五輪前年の15年大会では瀬戸ら3選手が優勝し、五輪切符を手にしている。
 残りの枠については、来年4月の日本選手権で日本水連の定める派遣標準記録を突破して2位以内なら代表に内定。リレーは今大会で予選12位以内に入れば出場枠を獲得する。

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 女子テニスのブロンクス・オープンは21日、ニューヨークで行われ、ダブルス準々決勝で青山修子(近藤乳業)アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)組は、ルーマニア、中国選手のペアを破り準決勝に進んだ。0― …続き (9:22)

女子ダブルス2回戦 オーストラリアのペアと対戦する高橋礼(奥)、松友組(21日、バーゼル)=共同

 【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権第3日は21日、スイスのバーゼルで行われ、女子ダブルス2回戦で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)はオー …続き (8:30)

 【ニューヨーク=共同】テニスの四大大会最終戦、全米オープン(26日開幕・ニューヨーク)の主催者は21日、シングルスのシード選手を発表し、女子で2連覇を目指す世界ランキング1位の大坂なおみ(日清食品) …続き (8:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。