/

この記事は会員限定です

京東、無人宅配車を中国10都市に

[有料会員限定]

中国ネット通販2位、京東集団(JDドットコム)は、ネット通販で買い物をした消費者に商品を届ける自走式の宅配車の開発を急ぐ。従業員がいない無人型のコンビニも経営する。技術関連の投資は年2千億円規模にのぼる。中国でも人手不足が進んでいるのに対応する。

無人宅配車は2018年に実用化しており、北京や天津、上海、重慶など中国の10都市以上に広げた。AI(人工知能)やカメラ、センサーで障害物を避けながら走る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン