脱炭素や水資源保全へ融資、九州FG

2019/7/11 13:15
保存
共有
印刷
その他

肥後銀行と鹿児島銀行を傘下に持つ九州フィナンシャルグループ(FG)は投融資に関する指針を策定した。持続的な地域社会発展に貢献するため、脱炭素社会の実現に向けた事業や、水資源の保全につながる事業などに積極投資する。地銀がこうした指針をまとめるのは珍しいという。

投融資の実施判断においては財務情報だけでなく、環境や社会に与える影響も重視する。人権侵害や非人道的な兵器の開発・製造に関わる企業への投融資は行わないことも明記した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]