/

この記事は会員限定です

養育費途絶、行政が支え 保証会社と連携や証書費負担

[有料会員限定]

離婚したとき月3万円の養育費を支払う約束だったのに、振り込みが途絶えてしまった――。そんなひとり親を行政が支援する動きが広がっている。兵庫県明石市や大阪市が未払い分を補填する仕組みを導入。国も法改正で財産の差し押さえなどをしやすくした。背景には養育費の不払いが横行し、ひとり親世帯の生活困窮の一因となっていることがある。

(安田龍也)

兵庫県明石市は2018年11月、保証会社「イントラスト」(東京)と連携し、未払...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン