その他スポーツ

タフなセリーナ、全米決勝の騒動を大坂に謝罪も ウィンブルドン

2019/7/10 20:45
保存
共有
印刷
その他

9日のウィンブルドン選手権は、セリーナ・ウィリアムズ(米国)にとってタフな一日となった。練習中にラケットでコートを傷つけたとして、1万ドル(約108万円)の罰金を科された。「私は強烈すぎる。罰金は仕方ない。気にせず試合に集中した」

が、シングルス準々決勝の相手は4回戦で世界1位を破ったアリソン・リスク(米国)。6-4、4-6、6-3と思いのほかてこずった。「簡単にやらせてくれない。私もギアを上げファイターになった」

女子シングルス準々決勝でポイントを奪い、雄たけびを上げるセリーナ・ウィリアムズ=共同

女子シングルス準々決勝でポイントを奪い、雄たけびを上げるセリーナ・ウィリアムズ=共同

2時間もかかって2年連続の4強入りを決め、記者会見をこなしてからアンディ・マリー(英国)との混合ダブルスに登場。こちらでは男子選手のサーブも軽々と返し、雄たけびを上げ、ベスト16入りした。「こんなにリターンが決まることは2度とないと思うわ」と、上機嫌だ。

この日はシングルスの試合中に女性誌の電子版で手記を公開。改めて大坂なおみ(日清食品)との昨年全米決勝を振り返り、「相手が素晴らしくて負けたのに、(審判にラケットを割った行為などで罰せられ)非常に敬意がない扱いを受けた。男性ならこうならないのでは?と思った」と主張。全米のショックを癒やすためにセラピーを受け、大坂に謝罪の手紙を書き「なおみから『人は怒りと強さの違いが分からない』という返事をもらったとき、涙が出た」と告白した。ただ、声を上げたことが次世代の道を開けばいいとも語った。

「このタイミング? 私のSNSチームの誰かがしたと思う。私が書いたのは何カ月も前。簡単ではないけれど、よりよい自分になるためにいつも努力している」とけむに巻くセリーナ。自他とも認める激しさこそ強さの源か。2年連続の決勝進出をかけた準決勝は33歳のバルボラ・ストリコバ(チェコ)が相手になる。(ウィンブルドン=原真子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

帰国し取材に応じる小林陵侑(28日、成田空港)=共同

 ノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑(土屋ホーム)が28日、ワールドカップ(W杯)前半戦を終え、遠征先の欧州から約2カ月半ぶりに成田空港に帰国した。個人総合2連覇に挑む今季はここまで16戦で3 …続き (15:31)


 筋力トレーニングの班分けはポジションでも主力と控えでもなく遺伝子――。Jリーグ入りを目指す福島県のサッカークラブ「いわきFC」は全選手が遺伝子検査を受検し、そのタイプから瞬発系のRR、持久系のXXな …続き (15:08)

 ハンドボール男子の世界選手権(来年1月)予選を兼ねたアジア選手権は27日、クウェート市近郊で行われ、既に世界選手権出場を決めている日本は、3位決定戦でバーレーンに27―26で競り勝った。〔共同〕 …続き (11:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]