/

この記事は会員限定です

コメ先物 本上場へ正念場 「投機」批判超えた議論を

大阪経済部 山本修平

[有料会員限定]

大阪堂島商品取引所は16日、試験上場しているコメ先物取引の本上場への移行を農林水産省に申請する。8月の期限を控え、認可するかどうかの手続きが本格化する。堂島商取は2017年にも本上場を申請したが「18年産からの減反廃止を控え、投機的な売買が現物価格を乱高下させる恐れがある」などと反対され、試験上場に切り替えた。だが先物が投機的との批判は的を射ているのか。

まず主力上場商品である新潟コシヒカリ先物の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン