仲邑菫初段、AIに敗北 囲碁最年少、イベントで

囲碁・将棋
2019/7/10 20:18
保存
共有
印刷
その他

 囲碁AIの「GLOBIS-AQZ」と対戦する仲邑菫初段(10日午後、大阪市)=共同

囲碁AIの「GLOBIS-AQZ」と対戦する仲邑菫初段(10日午後、大阪市)=共同

囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は10日、大阪市で行われたイベントで囲碁AI(人工知能)の「GLOBIS-AQZ」と対戦し、敗れた。

対局は黒番のAQZが仲邑初段の大石を取り込んで大きな地を確保し、押し切った。仲邑初段は悔しそうな様子で、「(相手は)強かった」と話した。

AQZはビジネススクールを展開するグロービスやエンジニアの山口祐さん(32)らが共同で開発。今回、仲邑初段が対戦したのは、人間との対局のデータは取り入れておらず、AQZが50万局程度、自ら対戦を行い学習したものだった。

AIとプロの対戦では2016年、米グーグル傘下の企業が開発した「アルファ碁」が韓国のトッププロに勝利。17年には世界トップ級の中国選手を破った。現在は多くのプロ棋士が研究にAIを活用している。

仲邑初段は4月に史上最年少の10歳0カ月でプロ入り。今月8日には第23期女流棋聖戦予選で、最年少の10歳4カ月で公式戦初勝利を挙げた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]