2019年7月20日(土)

横浜のベンチャー支援拠点、三菱地所など4社が運営

南関東・静岡
2019/7/10 21:08
保存
共有
印刷
その他

横浜市は10日、関内地区に設けるベンチャー企業支援拠点について、運営を三菱地所など4社に委託したと発表した。三菱地所が中心となり取引先や実証実験用の場所を紹介するほか、併設するシェアオフィスも運営する。10月までの開設を目指す。

支援拠点の名称は「YOXOLab(よくぞラボ)」。三菱地所はこれまでも東京都内でベンチャーや外資系企業向けの支援施設を運営してきた。他の3社もベンチャー支援やシェアオフィス運営などの実績を持つ。

支援拠点は利用料を無料にする一方、入居期間を3~6カ月間と短くした。支援拠点で事業を立ち上げ、横浜市内に本社や事業所を設けてもらうのが狙いだ。

横浜市は2019年度からの3年間で、ベンチャー企業の新規立地件数を120社にする目標を掲げている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。