2019年7月21日(日)

はやぶさ2、2度目の着陸成功 小惑星の砂採取

科学&新技術
2019/7/11 8:31 (2019/7/11 12:46更新)
保存
共有
印刷
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前、探査機「はやぶさ2」が地球から約2億4千万キロメートル離れた小惑星「りゅうぐう」へ着陸し、地中からの試料の採取に成功したとみられると発表した。着陸は2月に続く2度目で、人工的につくったクレーター(くぼ地)の近くに降りた。地中にあった砂などを採取できていれば世界初。日本の技術力の高さを改めて証明し、宇宙探査で世界に存在感を示した。

【関連記事】
日本の存在感ふたたび はやぶさ2、小惑星に2度目の着陸
「太陽系の歴史、手に入れた」 JAXA会見

JAXA相模原キャンパス(相模原市)の管制室で午前11時前、責任者の津田雄一プロジェクトマネージャが着陸成功を宣言すると一斉に拍手が起こった。管制室には80人以上が集まり、2度目の成功を表すVサインとともに笑顔で記念撮影する姿も見られた。津田氏は「新たな歴史を作った」と述べたという。

JAXAによると着陸時間は午前10時20分ごろ。砂などを採取するための弾丸の発射も確認でき、試料を機体内のカプセルに回収できたとみられる。記者会見したJAXA宇宙科学研究所の久保田孝研究総主幹は「はやぶさ2は完璧すぎるくらい完璧に、チームの思いを理解して動いてくれた」と語った。

はやぶさ2は4月、りゅうぐうの地表に金属弾をぶつけ、直径10メートルを超える人工クレーターをつくった。着陸目標地点はクレーターの中心から約20メートル離れた半径3.5メートルの円内。クレーターができる際に飛び散って積もった地中の砂や石の採取が目的だ。

11日午前9時前から最終の降下を始めた。地球との通信が難しい着陸の最終段階はほぼ自動運転で進んだ。カメラや高度計と人工知能(AI)を駆使し、地表に落としておいた目印を頼りに着陸地点を目指した。

機体の一部を地表に押し付け、弾丸を発射して舞い上がった砂などを機体内のカプセルに回収できたとみられる。はやぶさ2は2019年末までにりゅうぐうを離れ、20年末に地球にカプセルを届ける予定だ。

はやぶさ2は10年に小惑星「イトカワ」の微粒子を地球に持ち帰った初代はやぶさの後継機だ。14年12月に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げ、18年6月にりゅうぐうに到着した。地球帰還までの総事業費は約289億円を見込む。

はやぶさ2が小惑星「りゅうぐう」に着陸したことを報告するJAXAの久保田孝研究総主幹(11日、相模原市)

はやぶさ2が小惑星「りゅうぐう」に着陸したことを報告するJAXAの久保田孝研究総主幹(11日、相模原市)

小惑星探査の大きな狙いは「地球を含む太陽系はどのようにできたのか」「地球の生命はどうやって誕生したのか」といった謎に迫ることだ。

りゅうぐうは直径約900メートルの小惑星。地中は太陽光や宇宙線による「宇宙風化」の影響を受けにくい。地中の砂や岩石は太陽系が誕生した46億年前の痕跡が残るとされる「タイムカプセル」だ。採取できれば太陽系や宇宙の成り立ちを探る貴重な手がかりになる。

地球の生命誕生を巡っては、太古の地球に衝突した小惑星に含まれる有機物や水分が、地球で生命が誕生するきっかけになったとする仮説がある。小惑星の地中の物質が含む有機物などを詳しく分析できれば、仮説の検証にもつながる。

はやぶさ2は既に2月、1度目の着陸に成功し、地表の砂や石を採取できたとみられる。小惑星の地中の物質の採取と、複数の場所に着陸するのは世界初の試みだ。

「米国版はやぶさ」とも呼ばれる米航空宇宙局(NASA)の探査機「オシリス・レックス」はりゅうぐうによく似た小惑星「ベンヌ」に18年12月に到着し、20年の着陸を予定する。ただ、はやぶさ2が人工クレーターをつくったように地中を露出させる計画はない。オシリス・レックスのミッションにはJAXAも協力する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。