2019年8月23日(金)

信越総合通信局、エコ・ライス新潟などにIoT補助金

2019/7/10 19:24
保存
共有
印刷
その他

信越総合通信局は10日、あらゆるモノがネットにつながるIoTを導入するコメ生産加工会社のエコ・ライス新潟(長岡市)と糸魚川市に補助金を交付する見込みだと発表した。事業費の半分まで支援し、最大2000万円を交付する。IoTの導入を後押しする「情報通信技術利活用事業」の一環で、農作業の効率化やテレワークの普及に生かす。

県内の企業や団体が同事業で採択されるのは初めて。エコ・ライス新潟は水田センサーや人工衛星などを活用。稲の生育状況を遠隔地から監視できるシステムを構築するほか、ドローンを使って農薬などを散布する。労働時間や費用を削減し、収益性を高める狙いがある。

糸魚川市は長野県塩尻市や糸魚川職業訓練協会と連携。育児や介護中の女性を対象にテレワークを促すほか、IT企業のサテライトオフィスの誘致を目指す。

政府は人口減少が進む地方の課題解決に向けてIoTの活用を推奨している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。