/

この記事は会員限定です

[社説]人口減少を長期的視点で考える論戦に

[有料会員限定]

人口減少が始まって10年。総務省が10日発表した住民基本台帳人口によると、日本に暮らす日本人は2018年の1年間に43万人余り減った。首都圏でいえば神奈川県藤沢市が消滅したのに等しい。

人口減少のペースは今後加速する。だが、参院選で人口問題への対応を正面から議論する空気は乏しい。

三大都市圏に住む日本人も初めて減少に転じた。地方から人を集めて人口を維持してきたが、地方の人口減少でその限界があらわに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン