2019年8月20日(火)

フジクラ、超電導線材開発 MRIの電気代3割抑制

2019/7/11 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フジクラは磁気共鳴画像装置(MRI)向けに一台あたりの電気代を3割程度抑えられる超電導線材を開発した。このほど量産を始め、国内外の医療機器や重電メーカーに拡販する。省エネ需要の高まりなどを受け、早ければ2024年度までに同製品の売り上げを数十億円規模にする考えだ。

超電導は金属を液体ヘリウムなどを用いて極めて低い温度(氷点下200度程度)に下げると電気抵抗がなくなる現象。リニアモーターカーを始め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。