/

この記事は会員限定です

夏ボーナス、6割強の業種で支給減 不動産・住宅など

本社最終集計

[有料会員限定]

2019年夏のボーナス調査(最終集計)では、全34業種のうち6割強にあたる22業種で18年夏の実績比で支給額を減らした。製造業と非製造業の両方がマイナスとなったのはリーマン・ショックの影響を受けた09年以来、10年ぶり。米中貿易摩擦などで企業業績の停滞感が強まる中、今冬や来年にかけてのボーナス支給の大きな伸びは期待しにくい状況だ。

業種別で下落率が大きかったのは不動産・住宅(12.37%減)で、繊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン