2019年9月23日(月)

キヤノン、医療機器開発支援の新興に出資 約10億円

2019/7/10 17:10
保存
共有
印刷
その他

キヤノンは10日、医療機器開発を支援するスタートアップ企業、日本医療機器開発機構(JOMDD、東京・中央)に出資したと発表した。金額は非公表だが10億円前後とみられる。JOMDDは医療機関や大学などが持つ技術を医療機器として上市するため、薬事申請や市場調査などを支援する。同社と連携することで、キヤノンは医療機器事業の拡大を狙う。

JOMDDは2012年の設立。医療分野の知見を持つ人材が集まり、医療機器や介護機器などの企画から開発などまで幅広く助言や資金的な支援ができる。

キヤノンは研究開発部門や事業部に、医療分野でも活用できる技術を持つ。JOMDDのプロジェクトに参画することで、医療機器の開発を促進できる。子会社のキヤノンメディカルシステムズとの連携も視野に入れる。

キヤノンは、JOMDDがこのほど実施した第三者割当増資を引き受けた。キヤノンのほかに芙蓉総合リースやマクニカ、三菱UFJキャピタル(東京・中央)などのベンチャーキャピタルが引受先となった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。