配車大手グラブ、新規制への対応に遅れ マレーシア

アジアBiz
2019/7/10 17:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【クアラルンプール=中野貴司】マレーシアで配車サービスの運転手に対する新規制の導入が迫る中で、事業者の対応が遅れている。最大手のグラブによると、新規制に対応した運転手は全体の10%にとどまる。12日の規制導入後に運賃が上がったり、配車までの時間が長引いたりする懸念が高まっている。

マレーシアは12日、配車サービスの運転手に公共サービス車両(PSV)免許の取得を義務づける新規制を施行する。20万人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]