/

この記事は会員限定です

ジャニー喜多川氏、自己否定が生んだイノベーション

[有料会員限定]

音楽プロデューサーでジャニーズ事務所の創業社長、ジャニー喜多川氏が亡くなった。昭和の半ばから男性アイドル市場をけん引し続けた同事務所。しかし実は大きな危機が平成の初めにあった。ジャニー氏にとっては自己否定ともいえるビジネスモデルの転換が、令和の今に至る隆盛を築いた。

米国生まれの喜多川氏にとって、理想の芸能はきらびやかなブロードウエーのミュージカルだったとされる。フォーリーブス、郷ひろみ、川崎麻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン