2019年7月21日(日)

多国籍化、首都圏の街変える カタカナ印鑑・新中華街
人口減社会のいま 住基台帳調査から

コラム(地域)
東京
2019/7/10 17:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外国人住民の急激な増加で、首都圏の街の表情が変わりつつある。総務省が10日発表した2019年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、首都圏1都3県の外国人住民比率は6年連続で上昇して初めて3%に達し、市区町村別では東京都新宿区が12%で最も高くなった。8人に1人が外国人住民となり、日本人と外国人の共生が本格化している。

「フォン、フン、トワン、トゥン」。JR新大久保駅(東京・新宿…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。