/

この記事は会員限定です

名鉄、「四半世紀ぶり高値」の復活劇

名古屋支社 林咲希

[有料会員限定]

名古屋鉄道の株価が四半世紀ぶりの高値圏に上昇している。3月には3125円と1993年以来の高値(株式分割考慮後)を付け、足元でも3000円近辺で推移している。東日本大震災直後の直近安値から株価は3倍となり、首都圏や関西の大手私鉄と比べても上昇率は高い。日本経済の「失われた20年」のなかで、名鉄はどう復活を遂げたのか。

復活の土台は「地の利」だ。名鉄の総営業距離は444キロメートルと日本の私鉄で3番目に長い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン