IHIなどインドのLNG基地受注 800億円、肥料向け

2019/7/10 15:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IHIと東洋エンジニアリングなどはインドで液化天然ガス(LNG)基地の建設を受注した。総工費は約800億円で、2022年の稼働を目指す。LNGは発電の燃料や都市ガスに使うが、インドは化学肥料や石化製品の原料にも活用しており、日本、中国、韓国に続く世界4位の輸入国だ。需要は今後も拡大し、輸入量は30年に現在の2.4倍になるとみられている。

インドの政府系石油大手の合弁会社から受注した。北西部グジャ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]