/

この記事は会員限定です

メルカリやカブク、起業家の「巣立ち」が映すもの

編集委員 奥平和行

[有料会員限定]

2019年が折り返し地点を迎えた6月下旬から今月初めにかけて、有力スタートアップ企業で幹部の退任が相次いだ。メルカリ、DMM・com(東京・港)、そしてカブク(同・新宿)。3社から巣立った幹部には起業経験者という共通点がある。それぞれの人事の背景を探ると、スタートアップを取り巻く環境の変化が浮かび上がる。

メルペイ・メルカリを退職します――。先月までメルカリの決済サービス子会社、メルペイ(同・港)の取締役...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン