カンボジア「親中」がもたらす内憂外患
アジア総局長 高橋徹

Asia Analysis
コラム(国際・アジア)
2019/7/11 4:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「独裁者」の行動は極めて迅速だった。

6月22日未明、カンボジア南部のシアヌークビルで建設中の7階建てビルが倒壊し、現場で寝泊まりしていた作業員28人が死亡する惨事が起きた。東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議でタイを訪れていたフン・セン首相は、帰国すると直ちに現地入りした。

事故の直後から、建設を進めていた中国系企業の手抜き工事が原因、との見方が広がった。首相は関係する中国人2人をすぐさま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]