2019年7月22日(月)

最長景気でも癒えぬ米経済の分断
編集委員・小竹洋之

トランプ政権
米大統領選
ニュースこう読む
コラム(経済・政治)
コラム(国際・アジア)
2019/7/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2009年7月に始まった米国の景気回復局面が10年を超え、戦後最長の記録(1991年4月~2001年3月)を更新した。貿易戦争の激化などによる下振れの懸念は残るが、トランプ大統領は「世界の羨望の的だ」と胸を張る。

08年9月のリーマン・ショックを乗り越え、米経済は確かに「1強」と呼ばれる状態まで持ち直した。しかし景気回復の恩恵は均等ではなく、経済的な格差もいっこうに縮まらない。

■都市と地方の埋め

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。