2019年8月19日(月)
速報 > おくやみ > 記事

ジャニー喜多川さんが死去 SMAPなど育てる

2019/7/9 23:36
保存
共有
印刷
その他

「SMAP」や「嵐」など多くの男性アイドルグループを輩出した音楽プロデューサーでジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川(きたがわ、本名=喜多川拡=きたがわ・ひろむ)さんが7月9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため東京都内の病院で死去した。87歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。

ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが死去したことを知らせる同社HP

ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが死去したことを知らせる同社HP

米ロサンゼルス出身。第2次世界大戦後、美空ひばりや笠置シヅ子ら訪米した日本の歌手らの活動をサポートし、芸能界と関わりを深めた。日本移住後の1962年に同事務所を設立した。あおい輝彦さんら4人組のジャニーズをデビューさせ、以後50年以上にわたり、歌って踊れる男性アイドルというスタイルを確立した。

フォーリーブスや少年隊、光GENJI、SMAP、KinKi Kids、TOKIO、嵐などの人気グループ、郷ひろみさん、田原俊彦さん、近藤真彦さんら人気歌手を次々と世に送り出した。同事務所のアイドルたちはマルチタレントとして、歌手のほか、俳優や司会者としてもテレビ番組で活躍し、熱狂的なファンを獲得した。

姉のメリー喜多川さんとともに同事務所を芸能界を代表する大手プロダクションに育て上げた。「チャート1位を獲得した歌手を最も多くプロデュースした人物」など3つのギネス世界記録の認定を受けた。

プロデューサーとしても手腕を発揮した。KinKi Kidsの堂本光一さん主演のミュージカル「SHOCK」シリーズなどの舞台やコンサートを企画、演出した。80年代からアジアを中心に世界各地でもコンサートを開催した。

同事務所が7月1日、入院を発表。6月18日午前11時半ごろに体調の異変を訴え、病院に救急搬送されたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。