2019年8月25日(日)

日通、AIロボで倉庫省人化 ピッキングに導入

2019/7/9 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本通運は人工知能(AI)を活用したロボットで国内の物流倉庫の省人化を進める。9月から部品や商品を在庫から取り出す「ピッキング」の支援にロボットを順次、導入する。作業員を減らしても、ロボットの活用で従来とほぼ同じスピードで出荷できるようにする。人件費の抑制でピッキングにかかるコストを3割減らしたい考えだ。

スタートアップのラピュタロボティクス(東京・中央)のロボットと制御システムを採用する。自律…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。