/

この記事は会員限定です

かんぽ生命、止まらぬ不正 保険業法抵触の恐れも

[有料会員限定]

日本郵政グループで不正販売の広がりが止まらない。かんぽ生命保険では社員が故意に保険料を二重徴収した疑いまで発覚した。高齢者ら住民が郵便局に抱く安心感を逆手にとったとも受け取られかねない事態だ。日本郵便とかんぽ生命の両社長は10日にも記者会見で状況を説明するが、一連の不正は法令に抵触する恐れがあるとの指摘も出ている。

「保険の募集業務の適切性が問題だと認められたら改善対応策を促す」。麻生太郎金融相は9日の閣議後の記者会見でかんぽ生命の問題についてこう答えた。

8日に発覚したのは、かんぽ生命が契約者から保険料を二重に徴収していた問題だ。新たな契約を結んだ際に古い契約を解約せず、この結果、2つの保険料を受け取っていた。職員は旧契約を引き延ばせば、新契約を取ったときにもらえる手当が満額になる。職員が故意におこなった疑いがあり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン