/

この記事は会員限定です

地方「まるごと」担い手を高専で Sansanの寺田社長

トップに聞く

[有料会員限定]

徳島県の中央部に位置する人口約5000人の神山町は、企業のサテライトオフィス誘致や外国人アーティストを迎え入れるといった独自の活性化策が全国から注目を集める地域だ。その神山町で私立の高等専門学校を設立するプロジェクトがスタートした。構想を先導してきた名刺情報管理サービス、Sansan(東京・渋谷)の寺田親弘社長に高専設立の意義などを聞いた。

――高専を創ろうと考えた理由は何ですか。

「5年間の一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン