浜松商議所会頭、リニア開業遅れに懸念

2019/7/9 19:48
保存
共有
印刷
その他

浜松商工会議所の大須賀正孝会頭は9日、定例記者会見を開き、リニア中央新幹線を巡るJR東海と静岡県の対立について開業の遅れに懸念を示した。「静岡県はあまりかたくなになると開業が遅れてしまう。JR東海も話し合って譲歩し、早く開業した方が良い」と注文を付けた。

 会見する浜松商工会議所の大須賀正孝会頭(9日、浜松市内)

2期目の任期が満了する10月末で勇退する意向を示した。会長を務めるハマキョウレックスの社業に専念する考えだ。後任人事については「全くの白紙だ。(今後、詰めて)8月に発表する」と述べるにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]