2019年8月19日(月)

「はやぶさ2」着陸支える 高専卒業生の技と熱意
高専に任せろ!

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/7/10 4:30 (2019/7/10 11:58更新)
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ニッポンの中核的技術者を数多く輩出してきた高等専門学校(高専)。その活躍の場は陸、海、空だけでなく、宇宙にまで広がっている。「高専に任せろ!2019」第1弾は、宇宙へのロマンを支える地上の星たちの活躍を追う。

探査機はやぶさ2(模型)

探査機はやぶさ2(模型)

探査機「はやぶさ2」。地球から約2億5000万キロメートル離れた小惑星「りゅうぐう」への2度目の着陸(タッチダウン)を明日に控えた10日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は朝から緊張感に包まれる。

はやぶさ2は午前10時46分、りゅうぐうの上空20キロの高さから秒速40センチで下降を開始。午後9時頃に上空5キロに到達する。ここから秒速10センチに減速し、さらに下降を続ける。11日午前9時40分にりゅうぐうの地表30メートルまで舞い降りるとフラッシュを発し、事前に投下していたターゲットマーク(直径10センチ、TM)と呼ばれる指標を反射光で捕捉。TMを追尾しながらゆっくりと降下し、地表8.5メートルの所で着陸態勢を整える。そして着陸地点の上空で静止し、垂直に降下する。タッチダウンは午前10時5分ごろの予定だ。

9日記者会見したJAXA宇宙科学研究所の久保田孝・研究総主幹は「大きなヤマ場を迎えた。果敢に挑戦して成果を出す」と顔を引き締めた。

■「時差」は13分

はやぶさ2に直接指令を出すJAXAの管制室(相模原市)。ここでは着陸の瞬間を伝える大きなディズプレーに誰もが視線を注ぐ。成功すれば大きな歓喜が沸き、管制室はスタンディングオベーションに包まれるだろう。しかし、その中で座ったまま小さなモニターを凝視する人物がいるはずだ。JAXAの追跡ネットワーク技術センターの主任研究開発員、米倉克英さん(46)だ。

米倉さんははやぶさ2が管制室の指示で計画通りに動いているかどうか"健康状態"を電波のやり取りによって把握する。制御の根幹を担うだけに、送られてくる電波から目が離せないのだ。

地球から遥(はるか)かなた。ディスプレーに映し出される映像はリアルタイムではなく実際には約13分前の出来事だ。

管制室が歓喜にわいているころ、はやぶさ2は小惑星の地下物質のサンプルを採取して秒速65センチで上昇している。米倉さんにとっては電波と"対話"する、気の抜けない時間が続く。2月22日の最初のタッチダウン成功時もそうだった。

米倉さんは香川県の詫間電波高専(現香川高専)出身。中学時代に親戚から天体望遠鏡を借りてほうき星を観測しようとしたことで宇宙に関心を持つ。ロケット、衛星、天体――。「宇宙を知るには電波を知らないといけない」(米倉さん)。岡山の実家から瀬戸内海を挟んだ詫間高専で学び、JAXAの前身の宇宙開発事業団に入る。米倉さんをオンザジョブで指導したのも熊本電波高専(現熊本高専)出身の先輩だったという。はやぶさ2のプロジェクトには11年の当初から加わり、指令を送る管制システムの開発を手掛けた。

そして今、米倉さんの仕事をサポートするパートナーも豊田高専出身の領木萌子さん(25)だ。2人は9日まで、宇宙開発の中枢、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)に詰めていた。はやぶさ2と通信する直径64メートルの巨大パラボラアンテナ(臼田宇宙空間観測所、長野県佐久市)の健全性維持や運用計画の調整を行うためだ。

パラボラの総重量は約2000トン。風や気温などの天候条件で微妙にゆがむ。はやぶさ2は本体がビニールの衣装ケースくらいの大きさで、重量約600キログラム。動いている探査機を追尾してコマンドを送る際、パラボラの微妙なゆがみは、かなたの宇宙ではとてつもない差となる。

設備に異常が発生・予見されても着陸が計画通り行えるように、直前まで高専コンビで準備を進めていた。天気予報では11日の臼田宇宙空間観測所周辺は曇りのち雨。パラボラに雨が降っても電波の伝わり方は違ってくる。気の遠くなるような作業だ。

「電波は見えないが、"見える"ようにならないといけない。イメージを浮かべて、それが実際に起こっている状況と合致するところまで技能を磨くことが大切です」(米倉さん)。

■「ロボコン」が生きる

領木さんは電気・電子システム工学科を卒業。もともと巨大な構造物が大好きな理系女子だ。高専時代に臼田の巨大パラボラを間近に見てJAXAで働くことを決意。就職の面接では「日本一大きなアンテナの面倒を見たい」と志望理由を熱っぽく語った。「パラボラを動かすには高専で学んでいる制御の知識が生かせる」と考えたからだ。電波の勉強は独学で行い、5年生の時に陸上無線技術士の資格も取った。

高専時代には「ロボコン」の製作のリーダーも務めた。ロボコンの大会に合わせて数カ月前から手順を考えるマネジメントは「今の仕事にも生かされている」(領木さん)。何か問題があればすぐに手を動かす、高専流の基本動作も健在だ。

10日から11日のタッチダウンにかけて、米倉さんは相模原の管制室で、はやぶさ2探査機フライトディレクタとの連絡の重責を担う。領木さんは筑波宇宙センターで、パラボラの遠隔制御管制の運用作業など細かな調整業務の監督管理に当たる。

JAXAの職員1534人中、最終学歴が高専卒の職員は59人(3.8%)。決して多くはないが、ロケットや衛星が使う周波数の申請などで、総務省や海外機関と調整する担当者にも高専出身者がいる。周波数管理室の主任、山脇匡勝さん(詫間電波高専出身)だ。「別々の学校でも高専で学んでいることは似ているので共通の話題がある。仕事がしやすくなることもある」

卒業後、大学への編入や大学院を経てJAXAに入る高専OB・OGもいる。そしてIHIエアロスペースなど宇宙産業を支える多くの企業にも高専出身者はいる。

はやぶさ2は太陽系と生命の誕生の秘密に迫る使命を持つ。そんなスケールの大きな仕事を高専仕込みの技術と熱意が支えている。

(編集委員 田中陽)

[日経産業新聞 2019年7月10日付]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。