鈴与、住商などと組みベトナムの物流会社に出資

2019/7/9 19:38
保存
共有
印刷
その他

鈴与は9日、住友商事などと組みベトナムの総合物流会社ジェマデプト・コーポレーション(ホーチミン市)に出資したと正式発表した。住商が運営する現地工業団地から港までの物流をつなぎ、効率的な輸送網を確立する。鈴与はベトナムに進出する日系企業へのサービスを拡大させており、今後も堅調に伸びる物流需要を取り込む。

鈴与によると、ジェマデプト社は倉庫、トラック輸送、船舶輸送、航空貨物ターミナルなどを手がける。ベトナム国内6カ所の港湾ターミナルを運営し、コンテナターミナル運営では同国2位の事業規模という。

鈴与の港湾事業のノウハウや住商の現地での物流、工業団地事業と連携。あらゆるモノがネットにつながるIoT技術を活用し、事業拡大や物流コストの最適化を図る。鈴与グループは日系企業の在庫管理や部材調達支援を始めるなどベトナム事業を強化している。

鈴与、住商、官民ファンドの「海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)」と共同で6月に合弁子会社を設立。同子会社を通じてジェマデプト株の10%を取得した。取得額は非公表。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]