/

フィリピンと経済交流の覚書 九州経済国際化推進機構

九州経済連合会を中核とし、九州の官民でつくる九州経済国際化推進機構(会長・麻生泰九経連会長)はフィリピン投資委員会(BOI)と経済交流の促進に関する覚書(MOU)を締結する。同機構のMOUでは5件目となる。商談会やセミナーを通じて九州企業の現地進出や投資を促す。

15日から首都・マニラに使節団を派遣し、16日にMOUに調印する。現地工業団地に進出している日系企業の視察や現地支援機関による相談会なども実施する。フィリピンは九州から空路で4時間程度と東京や関西に比べて近く、既にリョーユーパン(福岡県大野城市)が製パン工場を設けるなどして進出済みだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン