2019年8月20日(火)

株、過熱サインが点灯 買われ過ぎ指標、5カ月ぶり高水準

2019/7/9 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海外株に比べて出遅れが目立つ日本株に、過熱感を指摘する声が出始めた。市場の過熱感を示す「騰落レシオ」は5カ月ぶりの高水準となり、25日移動平均線との乖離(かいり)率が5%を超える銘柄も目立つ。投資家には先高観が乏しく、過熱感が高まると戻り待ちの売りを誘いやすい。

騰落レシオは上昇した銘柄数を下落した銘柄数で割って算出する。9日時点では114.94(東証1部、25日移動平均)と、5カ月ぶりの高値を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。