投資家が人材戦略を鍛える 上級論説委員 水野 裕司

中外時評
2019/7/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「松下電器は人をつくるところです。あわせて電気器具もつくっています」。現パナソニックの創業者、松下幸之助氏の語録のひとつだ。「物をつくる前に人をつくる」というこの理念は多くの日本企業に受け入れられた。「企業は人なり」はいまも経営者の標語になっている。

問題は人材重視の経営が、言葉だけに終わらず実態を伴っているかどうかだ。松下氏存命の1980年代までと違い、投資家の目は厳しさを増している。人材の育…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]