松本信金、取引先の会員組織発足 経営課題の解決支援

2019/7/9 19:32
保存
共有
印刷
その他

松本信用金庫(長野県松本市)は9日、取引先の経営課題の解決を支援するための会員組織を発足させたと発表した。会員企業に経営支援の情報を提供するほか、異業種の経営者との交流会を開催する。低金利で貸出金による収益が減少するなか、課題解決型の営業を強化する。

経営支援サービスのインクグロウ(東京・中央)と連携して発足させた。会員組織の名称は「松本信用金庫ビジネスクラブ」で、約200社が加盟した。

会員企業はインクグロウが運営するサイトに登録すると、企業のニーズに応じた補助金や入札などの情報を受け取れる。

松本信金は2016年から、地域密着型の営業で企業の課題を把握する取り組みを続けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]