2019年7月17日(水)

高浜原発再審査、9月申請 警報なし津波の対策で

環境エネ・素材
社会
2019/7/9 18:22
保存
共有
印刷
その他

関西電力は9日、高浜原発(福井県)の追加の津波対策について、原子力規制委員会の再審査を受ける必要があるため、9月に申請する方針を明らかにした。追加対策は警報が出ない津波が襲来した事態を想定している。

高浜の全4基は、いったんは審査で警報が出ることを前提とした津波対策が妥当とされ、3、4号機は再稼働している。しかし昨年12月にインドネシアで発生した津波は火山噴火で山の一部が海に崩落後に発生し、警報が作動しなかった。規制委は高浜原発で追加対策が必要と判断。関電に再審査の申請を求めていた。

関電の調査では、高浜の全4基が稼働中に警報がない津波が襲来すると、引き波で海水を取水できなくなる恐れがあることが判明。海水は、発電タービンを回した高温高圧の蒸気を冷やして水に戻すのに使う。

追加対策は、潮位計で津波を早期検知して取水路の門を閉じることとした。再審査ではこれが妥当かなどを確認する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。