2019年9月18日(水)

岡山県と日本郵便、地域活性化へ包括連携協定

2019/7/9 14:11
保存
共有
印刷
その他

岡山県は9日、日本郵便と地域活性化に向けて包括連携協定を結んだ。地域振興や情報発信、暮らしの安全・安心など10項目について取り組み、第1弾として観光キャンペーン「おかやま果物時間」をテーマにオリジナルフレーム切手を作製・販売する。郵便局のネットワークを生かして、倒壊の恐れがある家屋の市町村への通報も手掛けていく方針だ。

切手の作製にはデザインを学ぶ県内の高校生が参画し、果物やフルーツパフェなどを描く。県産の農林水産物や加工品の販売促進に向けて、ふるさと小包のカタログ商品の開発も進める。

伊原木隆太知事は「県内400以上の郵便局と協力して住みやすい地域にしたい」と歓迎し、横山邦男社長も「農産物をはじめとした県の魅力を発信するお手伝いをしたい」と応じた。同社は岡山県以外の中国地方4県と、2018年1月から19年3月にかけて同様の協定を結んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。